2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
ロイヤルカナン「第3回 犬と猫の健康 アンバサダーミーティング」
ロイヤルカナンさまのご招待で「犬と猫の健康 アンバサダーミーティング」
に初めて参加してきました!

IMG_4658.jpg

今回のテーマは「猫と尿石」
我が家は2匹とも男の子でずっと気になっていたので良い機会!

アンバサダーミーティングは今回で3回目ですが、猫に特化した
ミーティングは、初めてだそうです。

場所は品川にあるロイヤルカナン本社。

こんな可愛いお出迎えが★
IMG_4651.jpg

オシャレなケータリングの軽食を頂きながらお勉強です!
IMG_4656.jpg

IMG_4655.jpg

まずは獣医師 原田先生の講義 「猫と尿石」について

濃いおしっこから溶けきれずに残ったものが石になる。
・ストルバイト結石
・シュウ酸カルシウム結石

おしっこを濃くしすぎないことが大切!

やはり男の子のほうが尿管が長いので詰まりやすいそうです。

◆下部尿路疾患の症状
・頻繁におしっこに行く
・トイレ以外のところでもおしっこをしてしまう
・トイレにいつもよりも長くいて少しずつしかおしっこが出ない
・おしっこが濁っている
・おしっこに血が混ざっている
☆おしっこをするときに痛そうに鳴く
☆お腹の下の方を触ると硬いものに触れる
☆おしっこが全く出ない
下の3つは緊急事態で命に関わるのですぐ病院へ連れて行くこと!

尿石や尿路の病気を防ぐには・・・

●マグネシウムの量を減らす
尿石の病気はうっすらとした知識でマグネウムを減らせば
大丈夫かなって思っていたのですが、少なすぎても
シュウ酸カルシウム結石のリスクが高まるそう!

●phを調整する
phを調整して酸性にすればストルばイトは溶けますが
酸性が強すぎると今度はシュウ酸カルシウムのリスクが高まる
 ⇒フードのアミノ酸含有量を調整して弱酸性に保つことが必要

●おしっこの量を増やす
食事の消化性を高めて飲んだ水が吸収されるようにする
猫の飲水量を増やすためにタンパク質や塩分の量を多くする
 ⇒これもすっかり誤解していましたが塩分はとってもOKなんだそう
IMG_4673.jpg


うーん・・・なんとなく理解できだけど、実現するにはハードルが高そう><
なんて思っていたら、尿路ケアにぴったりな「ユリナリーケア」という商品が
発売されるそうです!!



開発にかかわった石渡さんが新商品の説明をして下さいました。

2015年2月23日発売
健康な尿を維持したい成猫用 ユリナリーケア
ドライタイプとウェットタイプが同時発売されます

他社からも尿路結石に配慮したフードは出ていますが
尿量を増やすことまで考えられたものは初めてだそうです。

尿石の基礎知識やユリナリーケアのこだわりを伝えるページ ⇒ コチラ

サンプルを試せるキャンペーンも! ⇒ コチラ

この度、モニターで一足先に頂いてきましたので早速、わが子ににあげてみます♪


まだ切り替えて数日ですが、水を飲む量とおしっこの量が増えた気がします。
上のお兄ちゃんはフードの味に慣れるのにちょっと時間がかかっていますが
食べさせ続けたいと思ってます。


今回初めて参加しましたが、何よりロイヤルカナン社のみなさんの熱意と
猫に対する愛情を感じました。
先生も石渡さんも猫オーナーなので、随所にわが猫自慢の場面があってとっても楽しかった。
こんなに猫を愛する人が作るフードなら間違いない!って思っちゃいました!
IMG_4674.jpg
こんなひとコマも(笑)

参加されているアンバサダーの方も今回は猫オーナーだけということで
飼っているねこの写真を見せ合ったり、情報交換をしたりとっても和やかな雰囲気でした。

今まで漠然となんとなく・・・といった知識でしたが今回このミーティングに参加して
家族の一員である猫の健康についてきちんと学ぶことは大切だと実感・・・。

ヘルス ニュートリション ラーニング プログラムも使って勉強してみようと思います!



 
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。